前へ
次へ

行政書士としての仕事内容とは

行政書士の仕事とは、一言で言うと、官公署に提出する書類を作成して提出したり、それに関する相談に乗ることですが、官公署への提出書類はおよそ1万種類もあるので、その業務も非常に多岐にわたるものになります。また、行政書士は街の法律家として人々の暮らしやビジネスに役立つ、身近な行政のスペシャリストでもあります。人々の暮らしに役立つ仕事内容の主なものには、遺言・相続・後見人制度等のいわゆる終活関連、土地売買や不動産の賃貸借から金銭消費貸借、交通事故等々の様々な契約書類、自動車の名義変更等の登録申請や外国人の帰化申請、農地を駐車場にする等の土地活用、債権債務にかかわる内容証明郵便や公正証書の作成等があります。またビジネスに役立つ仕事内容の主なものには、外国人雇用の際の入国管理局への申請、会社設立の手続き代行と事業運営支援、飲食店や建設業や運送業から産業廃棄物処理業等の許認可申請、電子証明書を用いた電子申請、文化庁へ著作権の登録申請といった知的財産権保護活動等があります。

Page Top