前へ
次へ

官公署へ提出する書類の作成依頼なら

行政書士の仕事は官公署に提出する書類の作成や相談、また、手続きを代理で行うことです。行政書士が作成できる事実証明に関する書類とは離婚やトラブル、事故などの時に交わす念書や示談書、内容証明など多岐にわたります。また、物を購入する際に交わす売買契約書、遺産の贈与に関する書類、遺言状の作成などもその仕事内容のうちです。例えば、遺言状などは自筆でなくてはならない、作成年月日が記載されていなければならないなどいくつか決まりがありますが、遺言状など書く機会はなかなかないことなので一人で作成すると不備が出てくることもあります。不備があるとせっかく作成した書類も無効になってしまいます。行政書士にお願いして作成してもらえばそのような心配もなく安心です。大事な書類の作成だからこそプロにお願いするのが確実です。

Page Top