前へ
次へ

行政書士の仕事内容は多岐に渡ります

行政書士の仕事内容は、主に書類作成が多く、主な内容としまして、官公署に提出する書類の作成とその代理、相談業務、権利義務に関する書類の作成とその代理、相談業務、事実証明に関する書類の作成とその代理、相談業務などを行います。官公署に提出する書類は、主に許認可に関するもので、その数は1万種類を超えると言われています。権利義務に関する書類は、権利の発生、存続、変更、消滅の効果を生じさせる事を目的とする意思表示を内容とする書類を言います。事実証明に関する書類は、社会生活に交渉を有する事項を証明するにいたる書類の事を言います。主なものとしまして、実地調査に基づく各種図面類や、各種議事録、会計帳簿などがあります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

行政書士の業務は一言で言えば書類作成です

行政書士の行う業務とは、どのようなものでしょうか。一言で言ってしまえば、官公庁に提出する書類の作成です。しかもその種類は様々で、相続や請求に関する物から、入国審査関連の物まで、幅広い分野の書類の作成が求められます。また、場合によっては社会保険労務士、あるいは税理士と組んで、労働や保険関連の書類、または税務関係の書類を作成することもあります。このため、個人開業以外にも、資格を活かして公的機関に就職する行政書士も多いです。行政書士の場合、一般的な法務であればまず対処できますし、帰化申請などの業務にはとても役立つからです。また、弁護士法人などでは他の士業の資格者も採用して、幅広い業務に取り組むことがありますので、こういう法人組織で仕事をするのも一つの方法です。

Page Top