前へ
次へ

独学では合格が厳しいかも

行政書士と言えば身近な法律屋さんのイメージがあり、誰でも資格を簡単に取得できると思われていました。しかしながら、新試験に移行してからというもの、思考型の問題が多く出題されるようになり、その難易度は一気に高くなりました。それとともに合格率はグンと下がりました。新試験以前までは独学でも充分合格は可能でした。過去問題集や課題を繰り返すだけでも対応できていたのです。いまは独学ではなかなかに厳しくなっています。専門の予備校に行く人も少なからずいて、通信教育で学んでいる人はさらに多くなっています。改正されたばかりの法律の問題も出題されていますし、一人でそれらを調べ上げ、傾向をつかむのは難しいかもしれません。

Page Top